FC2ブログ

Entries

娯慰多と薔薇(ごいたとバラ)

娯慰多と薔薇(ごいたとバラ)

2018年に入って初の記事更新です。前回から大分間をおいてしまいましたが、今後もゆる〜く記事執筆を続けていければと思うのでよろしくお願いいたします^ ^
さて今回のネタですが、私、「ごいた」というゲームがかなり好きでして。でも、どういう所が気に入っているのか自分でもハッキリしないんです。運要素強めの軽いゲームで、1ゲームにかかる時間もすごく短いので何度も繰り返して遊ぶのですが、使う駒の枚数も少なめなのでそんなに多様な展開を見せるゲームというわけでもないです。しかも、勝ったプレイヤーが次のスタートプレイヤーになる関係から、連チャンで勝ち続ける確率も非常に高く、一方的なゲームになることもしばしば。さらに、パートナーが勝ち続ければ別に自分が勝つ必要もないため、全然何もせず他人任せで勝っちゃうことすらあります。でもなぜか面白い。長い年月を越えて残ってきた伝統ゲームの底知れなさがそこにはあります。
そのような不思議な魅力にあやかりたかったわけではないのですが、今回はごいた駒を使った別ゲームの提案になります。実はこのブログを始める前から、ごいた駒は汎用コンポーネントとしてのポテンシャルを充分に持っている、と思っていました。しかし、真に面白いと思えるゲームがずっと創れていなかったのです。ネックは単純なモノスートであることと駒構成の極端な偏りでした。この特徴的な要素をうまく活かすのはそれなりの技能を要することだったのです。そこで私がとった創作戦略は「他の良ゲーの当てはめ」でした。ごいたの駒構成にうまくマッチする面白いゲームがないか探してみたわけです。その結果…ありました!すごいのが。それが「髑髏と薔薇」でした。
ご存知の方も多いかと思いますが、髑髏と薔薇はブラフゲームの一大傑作であり、そのカード構成は単純そのもの。なにしろ髑髏カードと薔薇カードの2種類しかない。しかもその配分は大きな偏りがあります。私はこのゲームのルールがごいたの駒構成にジャストマッチすると直感しました。しかし、そのままルール適用するだけではあまりに能がない。そこで、ごいたのルールのエッセンスを幾つか効果的に配合してみることにしました。まずは、ごいたの基本プレイである「攻め」と「受け」、これは同じ種類の駒をダブらせることと同義です。そこで、攻めと受けを髑髏カードを表向けるプレイにそのまま対応させることにしました。つまり、同じ種類の駒を2枚表向けてしまったらチャレンジ失敗、というわけです。ただし、枚数の多い「し」だけは対象外とします。また、「王」にはもちろん、「し」「香」以外のどの駒の代わりにもなるワイルドカードとしての能力を持たせます。さらに、駒は全部使うのではなく、その都度シャッフルして必要枚数を手札として得るようにします。かくして、元ゲームには無かった「ランダムサプライ」、「駒の種類による失敗確率の偏り」、「特殊能力効果」が追加され、ゲーム展開の幅広さを増す結果となりました。
ごいたはとても面白いのですが、4人専用ゲームというところにやや難がありました。この「娯慰多と薔薇(ごいたとバラ)」は3人から6人のどの人数でも楽しくプレイできるため、ごいた駒の新たな可能性を拓く新ゲームとなり得るのではないでしょうか?
ちなみにですが、「娯慰多」の当て字は終戦後にごいたの全国普及を図るために実際に使われたもので、私が勝手に当てたわけではないですよ。でも、元ゲームの暴走族テーマにぴったりはまっててイイ感じでしょ?(*^_^*)

【タイトル】
娯慰多と薔薇(ごいたとバラ)

【ゲームの概要/目的】
ブラフゲームの傑作「髑髏と薔薇」をごいた駒で遊べるようにルールをリデザイン。ごいたならではの独特な駒構成と"攻め""受け"の概念、そして"王"の特殊能力が元ゲームのルールに新たな奥行きとプレイ感を与える。

【プレイ人数】
3〜6人

【使用するコンポーネント】
•ごいた駒1組 (ごいたカードやごい牌でもOK)
•チップ:(4×プレイ人数)枚
•オセロ駒:(1×プレイ人数)枚 (なければ色違いのチップを2枚重ねて使用)

【ゲームの準備】
•オセロ駒を1人1枚ずつ取り、白を表にして自分の前の場に置く。
•チップを1人4枚ずつ取り、自分の前の場に1列に並べて置く。
•ごいた駒を全て裏向きに中央の場にまとめ、シャッフルする。その後、各自で5枚ずつ(3人プレイの場合は6枚ずつ)取り、手駒として他プレイヤーに見えないように持つ。
•場の中央に残ったごいた駒を全て表向きにし、全員が見えるように場の端に移しておく。
•場の端に「チップ捨て場」のスペースを作っておく。
•適当な方法でスタートプレイヤーを決める。

【遊び方】
◆フェーズ1: 手駒から開始
•各プレイヤーは自分の手駒から2枚を選んで自分の前の場に裏向きに伏せて置く。

◆フェーズ2: 追加駒の配置
•スタートプレイヤーは最初にプレイした駒の隣に新たな駒を1枚伏せてプレイする。
•その左隣のプレイヤーも同じことができ、以降も同様に行う。
•あるプレイヤーが手札が尽きてこれ以上伏せ駒をプレイできなくなるか、もしくはこれ以上続けたくないと思うまで時計回りにこれを続ける。
•ターンが回ってきたとき、プレイヤーは手駒をプレイする代わりにチャレンジすることができる。

◆フェーズ3: チャレンジ
•チャレンジを行うプレイヤーは、プレイヤーの前に置かれたすべての伏せ駒の中から何枚の駒をめくるかを宣言する。
•その後それぞれのプレイヤーは時計回りに次の2つのうちどちらかを行わなくてはならない:
1. 前の賭けより枚数を上乗せして賭け直す。
2. パスして一旦ゲームから降りる。
•1人を除いてすべてのプレイヤーがパスするまでこれを続ける。そしてその最も多くの枚数を賭けた者が“挑戦者”となる。

◆フェーズ4: 公開
•挑戦者は以下のルールに従いながら自分自身の賭けた枚数の伏せ駒を表にしなければならない:
- 最初に挑戦者は自分自身の前の場の伏せ駒があるうちはそれらから優先に1枚ずつ表向けていく。
- 続いて、他のプレイヤーの前の場に置かれた伏せ駒を1枚ずつ表向けていく。どのプレイヤーのどの伏せ駒を選択しても構わない。

◆賭けに敗北
•以下の2つのどちらかの条件を満たした場合、賭けは失敗して直ちにそれ以降伏せ駒をめくることをやめる。
- 「し」以外の種類の同一の駒を2枚ダブってめくってしまった場合。
- 「王」1枚と、「し」「香」以外の種類の駒1枚をめくってしまった場合。
•挑戦者は自分の前の場にあるチップを1枚、場の端の「チップ捨て場」に移す。この時点で挑戦者がチップを全て失ったら、その挑戦者はゲームから脱落する。
•そこで残りプレイヤーが最後の1人になった場合は、そのプレイヤーが勝者となってゲームは終了する。
•残りプレイヤーが複数いる場合はゲームを継続する。

◆賭けに勝利
•もし挑戦者が宣言した数の伏せ駒をひっくり返して前記2条件を満たさずに済んだ場合、 挑戦者は賭けに勝利する。
•挑戦者の前の場にあるオセロ駒の表面が白の場合、ひっくり返して黒面を表にし、ゲームを継続する。
•挑戦者の前の場にあるオセロ駒の表面が黒の場合、その挑戦者が勝者となってゲームは終了する。

◆新しいラウンド
•次ラウンドの準備として、場の端に移した駒も含めた全ての駒を裏向きにし、場の中央にまとめてシャッフルする。
•次に、「チップ捨て場」に溜まったチップの数だけ、場の中央の駒から裏向きのまま取り出して表を見ずに場の端へ移動させる。
•そして、各プレイヤーは場の中央の残りの駒から自分自身の手駒を取る。その際、手駒として取って良い数は、自分の前の場にあるチップの数プラス1枚(3人プレイの場合はプラス2枚)である。
•そして、場の中央に残ったごいた駒を全て表向きにし、全員が見えるように場の端に移す。
•賭けに勝利したか敗北したかに関係なく、挑戦者が次のラウンドの最初のプレイヤーとなりフェーズ1から再び開始する。前ラウンドで挑戦者が脱落した場合は、その左隣のプレイヤーがスタートプレイヤーとなる。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する