Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【コラム】TENNOSトランプで遊び倒そう

ゲームストア バネストさんのWebショップで購入できる「TENNOSトランプ」をご存知でしょうか?6スートある特殊なトランプで、従来の4スート(ハート、ダイヤ、スペード、クラブ)にクロスとリーフの2スートが追加されています。6スートのトランプは他にも存在するようなのですが、TENNOSは追加スートのデザインがシンプルでセンス良く、他のスートとも無理なく調和しているので、まるで昔から存在していたかのように違和感が無いのがポイントです。コンポーネントとしての出来ばえを細かく評価すればいろいろ突っ込みどころはあるようなのですが、私としてはほぼ満足しています。今後、ブリッジサイズやミニサイズなどいろいろなサイズがリリースされるとさらに良いですね。

「単にカードの種類が増えただけでしょ?普通のトランプと大して変わらないじゃん」と侮るなかれ。実はこれ、トランプを凌ぐスーパー汎用デッキになっているのです!世の中には星の数ほど専用デッキのカードゲームがありますが、トランプで代用できそうでできないゲームってあるじゃないですか?それらは、あえてそういう構成にしているんじゃないかと思うのです。トランプで遊べてしまったら、わざわざお金を出して買ってもらえないですからね。そして、トランプ代用を不可能にする一番手っ取り早い手法が「スートを5つ以上にする」だったわけです。スートが5つか6つあるカードゲームは調べてみると沢山あります。それらはトランプではもちろん遊べないのですが、TENNOSならば遊べてしまうのです。

それではここで、TENNOSで遊べる珠玉のゲーム群を見ていきましょう。これから挙げるゲームは全てWebからルールをダウンロードできるものばかりです(ゲーム名と「ルール和訳」で検索すれば見つかると思います)。

まずジャンルとして多いのはトリックテイキングゲームです。クラマー&キースリングの名作「ペッパー」。これは近年日本語版が発売され人気を呼んでいますが、6人までならTENNOSでも問題なく遊べます。また、これも名作として誉れ高い「シュティッヒルン」。ランク0のカードはキングで代用すれば良いでしょう。こちらも4人まで遊べます。他にも、「ダビデとゴリアテ」や「ゼロの恐怖」といった通好みの佳作もTENNOSで遊ぶことができます。実物は手に入りづらくなっているので嬉しい限りですね。

多作で知られるライナー・クニツィアのゲームにも5スートや6スートのゲームが多くあります。まずは2人用ゲームの最高峰とも目される「バトルライン」。これは戦略カード無しの条件付きですがTENNOSでも問題なく遊べます(私は戦略カード無しの方が好みです)。また、これも2人用ゲームの人気作である「ロストシティ」。挑戦カードと呼ばれる特殊カードを絵札で代用すれば、カード枚数がピッタリ合うので遊べます。絵札と数札の区別もつきやすくプレイアビリティも良いですね。また、個人的にも大好きな「ペンギンパーティ」も5スート構成なのでプレイ可能ですし、初期の名作「フリンケピンケ」も、5色のチップ6枚ずつを別途用意すれば遊ぶことができます。その他にも、ボードを自作できればプレイ可能なゲームはまだまだありそうです。

そして、私が今最もおすすめしたいゲームが、ホンマナオキさん作の「サバンナタイル」という同人ゲームです。コンポーネントは5種類の動物タイルだけで構成されており、プレイヤーは獲得したタイルを各自横一列に並べていきます。同じ動物がなるべくひとかたまりになるよううまく並べて行くことで高得点となります。かなり評判が良い作品なのですが、同人なので恐らく再販はされないと思われます。これがTENNOSで遊べるというのはとても貴重です。ただ、TENNOSのカードはタイルに比べると大きいので、表向きに並んだカードはインデックスだけ見えるように少しずらして重ねて置くと省スペースになって良いでしょう。一方、裏向きのカードは後で表向けることがあるので重ならないように並べて置きます。ルールも以下のサイトで公開されているので、一度試してみてください。
http://bone5.cocolog-nifty.com
同人ものはそれほど詳しくないのですが、他にもTENNOSで遊べる面白いゲームはあるかもしれないので探す価値はありそうです。特に、最近はゲームマーケットに出品する作品を事前にルールだけ公開することが多いようなので、同人ゲームは狙い目といって良いでしょう。

あとは、トランプゲームで多人数対応できるのもTENNOSの魅力ですね。手前味噌で恐縮ですが、拙作の35(Thirty five)が4人で遊ぶのにピッタリの枚数ですし、ラスト・サバイバーに至っては8人まで対応可能になりますからとても便利です。人数がたくさんになった時に重宝しそうですよね。興味を持たれたら、1デッキ手に入れてみてはいかがでしょうか?

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。