Entries

ストリームス・デラックス

ボードゲーム専門店として有名なすごろくやさんは、オリジナルゲームを多数リリースしていることでも有名です。その中でも「ストリームス」はかなり秀逸なゲームとして知られています。ゲームの目的は、次々にめくられるカードに書かれた数字を出来るだけ昇順に並べて行くこと。簡単なルールで誰でもすぐに遊べるし、人数の上限なく何人でも同時に遊べるので、パーティーの余興などにも重宝しそうです。そして何より、繰り返し遊んでもまたすぐ挑戦したくなる、そのゲーム性が素晴らしいと思います。スマホアプリとしても公開されており、私はもう何百回プレイしたか知れません^ ^ 今回は、ストリームスの簡単なヴァリアントを紹介したいと思います。しかし紹介しようと思ったのは実はルールの方でなく…

1

こちらをお見せしたかったからなのです!^o^

市販のビンゴマシンを2個購入し、ストリームスに必要な数字の玉だけピックアップして入れました(1〜10、20〜30:各1個、11〜19:各2個)。そして、どの数字にもなるワイルドカードとして…

2

紛失用の予備玉に星マークのシールを貼って入れてあります。これとストリームス用のプレイ用紙を用意すれば、ストリームスのデラックス版の出来上がり〜!カードでやるより2.5倍くらいは楽しさがアップしますよ(注: 主観値です)。福引のガラガラやるやつを回すのは毎回ワクワクするものですからね。こういったコンポーネントの違いでもゲームの面白さが大きく変わってくるのがアナログゲームの不思議さです。

さて、これを使って本家ルールを遊ぶだけでも十二分に楽しいのですが、ちょっとした工夫でより戦略性の高いゲームが遊べるようになります。まず、事前に各プレイヤーがビンゴマシンを回して、秘密裏に2個ずつ玉を取ります。これらの手玉は、他人には見せずに自分だけが知り得る情報になります。さらに、ゲーム中の任意のタイミングでいずれか1個を全員に公開し、その時出た玉と数字を入れ替えることができます(他のプレイヤーはその入れ替えに応じなくて構いません。影響が及ぶのは本人だけです)。そして、もう一方の手玉は最後まで使えなくなります。つまり捨て玉です。ルールはこれだけ。基本ルールよりも高いスコアが目指せるので気持ち良く遊べますし、いつ、どちらの手玉を入れ替えるか?で大いに悩むことになり楽しみが広がります。ただ、私の持っているビンゴマシンは骨組みの隙間から中身が見えるため、何が残っているか見えてしまうことがあるので、ちょっと残念。。まぁ野暮なことをせず、見ないふりするのが賢明ですね^ ^

例によって、本家ルールとの差分を中心に説明します。

【ゲームの概要/目的】
ストリームスのヴァリアント。事前に取った各自の手玉2個を駆使して高得点を目指す。コンポーネントを豪華なビンゴマシンにすれば面白さはぐんとアップ!

【使用するコンポーネント】
•ビンゴマシン2台とプレイ用紙(普通のストリームスでもプレイ可能)。

【プレイ人数】
3〜6人

【ゲームの準備】
•適当な順番で各プレイヤーがビンゴマシンを回し、秘密裏に2個ずつ玉を取る。
•プレイ用紙を全員に配る。
•ゲーム中のビンゴマシンを回す人を決める(順番に1回ずつ回しても良い)。

【遊び方】
•ゲームの流れは本家ルールと同じ。ただし、ビンゴマシンから玉が出たら、各プレイヤーは出た玉の数字をプレイ用紙に記入するか、自分の手玉2個のうちいずれか一方の数字を全員に公開し、自分のプレイ用紙に公開した数字を記入する(他のプレイヤーは、それに従わない)。
•自分の手玉のいずれか一方を公開した後は、最後まで残りの手玉を公開することはできない。
•最後まで自分の手玉を公開せずに終了しても良い。

【ゲームの終了】
•本家ルールと同じ。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する