Entries

オン・スケジュール

Trick-taking games Advent Calendar 2015でりかちさんが投稿されていた記事はなかなか鋭い考察で興味深いものがありました。それは、トリックテイキングゲームのゲームバランスに関する考察なのですが、「切り札がなぜ誕生したのか?」「切り札による手札運をいかにして克服してきたか?」の歴史が非常に分かりやすく解説されていました。まさに切り札はゲームバランスにおいて“猛毒”であり、ゲームの面白さを確実に高める要素でありながら、同時に手札の有利不利を広げてしまう厄介な代物です。そこで導入されたのがビッド方式(何トリック取るかを予告して、予告通りになることを目指す方式)だったわけですね。これにより、人類は手札運から完全に解放されました。がしかし、ここで私は思うのです。果たしてこれが唯一無二の解答なのか?と。偉大な先人の発明の上に新たなゲームを積み上げていくのも悪くはないのですが、そればっかりでは広がりがなくてつまらないじゃないですか?ビッド方式は、人によってはハードルが高いと敬遠される向きもあります。そこで私はビッド方式とは異なる新たな解答を提示したいと思います。それがこのゲーム「オン•スケジュール」です。

このゲームでは、最初に切り札にしたいスートを順番に投票します。投票は合計13回行います。そして、多数決で切り札が決まる…わけではなく!投票した札をシャッフルして1列に並べます。この列の通りに切り札が決まるわけです。第1トリックではダイヤ、第2トリックではスペード…というように。投票数はほぼ均等になっているため、切り札にしたいスートは各プレイヤーに公平にやってきます。そのため、少なくとも切り札に関しては平等になりますので初期手札の有利不利はかなり均質化されます。そして、このゲーム最大のポイントは、切り札の順序が最初に全て公開されるところにあります。これにより、ダイナミックに変化する切り札スートの行く末を確認しつつ、次に打つべき手を計画することができるのです。切り札の変化がまるで読めないとプレイヤーはその動きに翻弄されて戦略もへちまもないのですが、最初からスケジューリングされていれば何とか戦う糸口が掴めます。さらに、このゲームはペア戦になっているため、パートナーが何に投票したか?がかなり意味を持ってきます。カードパスによる札の情報と合わせて相手の手札の状況を正しく推測し、適切なパートナーシップがとれれば勝利は自ずとやってくるでしょう。ゲーム後半には得点が2倍になるチャンスもあるので、土壇場での逆転勝利も可能です。

従来のトリックテイキングゲームに慣れていると、このゲームはトリックテイクのコントロールが難しいと感じるかもしれません。実際、プレイ難易度は高めなのですが、その分、奥深さは折り紙つきで考えどころはかなりあるので、変態トリテ中毒者にはたまらなく濃い内容になっているかと思います。

ビッド無しで手札運からの解放が本当に実現できたかどうか?それは、皆様が実際にプレイしてお確かめください^ ^

【ゲームの概要/目的】
切り札にしたい札を順番に合計13回投票していき、ランダムに並べた順で切り札スートが決まるペア戦トリックテイキングゲーム。ゲーム後半は得点が2倍になるチャンスも。

【使用するコンポーネント】
•トランプ1組(ジョーカーは使用しない)

【プレイ人数】
4人(ペア戦)

【カードの強さ】
A > K > Q > J > 10 > 9 > 8 > 7 > 6 > 5 > 4 > 3 > 2

【ゲームの準備】
•トランプ1組を以下の通りに各プレイヤーの前に表向きに山札にして置く(以下、スケジュールカードと呼ぶ)。

 プレイヤー1(ディーラー): 各スートのA, 2, 3, 4(計16枚)
 プレイヤー2: 各スートの5, 6, 7(計12枚)
 プレイヤー3: 各スートの8, 9,10(計12枚)
 プレイヤー4: 各スートのJ, Q, K(計12枚)

•2対2のペアでチームを組んで、対面がパートナーになるように座る。
•適当な方法でディーラーを決める。
•ディーラーはもう1組のトランプを全員に配り切る(一人当たり13枚)。

【遊び方】
•以下に示される<スケジューリングフェーズ>、<カードパスフェーズ>、<トリックテイキングフェーズ>の順番でプレイする。プレイ中のパートナーとの相談は不可。

<スケジューリングフェーズ>
•ディーラーから順番に時計周りで、切り札スートにしたい札を自分のスケジュールカードの山から1枚ずつ選んで場の中央に表向きに重ねていく。1周回ったら、ディーラーの右隣から反時計周りに同じことを行い、また1周回ったらディーラーから時計周りに同じことを行う。最後にディーラーが1枚選んで重ね、合計13枚の札の束が出来上がる。
•これらをまとめて裏向きにひっくり返し、シャッフルして1枚ずつ場に表向きに1列に並べていく。並べた順番が各トリックでの切り札スートを表す。
•次に、各プレイヤーは自分の入れた札のうち最も後方にある札を横向きにする(これをスペシャルトリックと呼ぶ)。ただし、全体の最後の札(13番目の札)は横向きにできないため、そのプレイヤーだけは2番目に後方にある自分の札を横向きにする

<カードパスフェーズ>
•パートナー同士で手札から2枚を交換する(相手に渡す札を裏向きに伏せて渡し、その後、渡された札を取るようにする)。

<トリックテイキングフェーズ>
•ディーラーの左隣からリードする。これ以降は、以下に示すような、通常のトリックテイキングのルールに従ってプレイする。

1. 可能ならば、リードされたスートの札を出す。
2. リードされたスートが手札に無ければ、どの札を出しても良い。
3. リードされたスートのうち、最も強い札を出したプレイヤーがそのトリックに勝つ。ただし、切り札が出されている場合には、最も強い切り札が勝つ。
4. トリックに勝ったプレイヤーが次のリードを行う。

•切り札を示す列は1トリック終了する毎に一枚づつ裏向きにしていくこと。
•トリックで取った点数札(10, J, Q, K, A)は自分の前に表向きに置き、残りの札は裏向きに捨て札にすること。
•後の点数計算のため、自分のスペシャルトリックで取った点数札は他の点数札と区別できるよう横向きにして置いておくこと。
•13トリック終了したら1ディール終了で点数計算を行う。

【点数計算】
•10, J, Q, K, A=各1点。ただし、自分のスペシャルトリック、および最終トリックで獲得した点数は2倍で計算(他人のスペシャルトリックで自分は2倍にならないことに注意。同様に、パートナーのスペシャルトリックでも自分は2倍にならない。一方、最終トリックは全プレイヤーが2倍になる)。
•チームごとに点数を合算し、点数の多い方のチームは1勝利点を獲得する。

【ゲームの終了】
•次のディールはディーラーを左隣に移して行う。回収したスケジュールカードも未使用のものと一緒に左隣に移す(ディーラーは必ずA, 2, 3, 4を持つようになる)。
•先に3勝利点を獲得したチームが勝利。

【備考】
•スケジュールカード用にはミニサイズのトランプを使うと扱いやすい(テーブルが狭い時など特に有効)。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する